飛ぶテノリ

アニメオタクの雑記ブログ

“飛ぶテノリ”

【感想】映画「未来のミライ」家族で観に行って欲しいそんな映画!

スポンサーリンク

こんにちはテノリです

 

2018年7月20日公開「未来のミライ」を観てきました。

 

f:id:tetetenori:20180722212133j:plain

 

細田守監督の3年ぶり最新作!!制作会社はスタジオ地図

 

細田監督は、「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」などを手がけています。

 

 

どの映画も最高に面白いですよね!!

 

 

 

細田監督の映画のいいところは、キャラクターの作画がシンプルにも関わらず表情が大変豊かで、大人も子供も観やすいところだと思います

 

 

※ここからは、映画のネタバレを含みます。ご了承の上、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。

 

ある日、甘えん坊の“くんちゃん”に、生まれたばかりの妹がやってきます。

両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うばかり。

そんな時、“くんちゃん”はその庭で自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、

不思議な少女“ミライちゃん”と出会います。

 

“ミライちゃん”に導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つ“くんちゃん”。

それは、小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした。

 

待ち受ける見たこともない世界。

むかし王子だったと名乗る謎の男。

幼い頃の母との不思議な体験。

父の面影を宿す青年との出会い。

 

そして、初めて知る「家族の愛」の形。

 

さまざまな冒険を経て、ささやかな成長を遂げていく“くんちゃん”。

果たして、“くんちゃん”が最後にたどり着いた場所とは? 

“ミライちゃん”がやってきた本当の理由とは―

 

それは過去から未来へつながる、家族と命の物語。

 

ストーリー |「未来のミライ」公式サイト

 

 

いきなり背景が超美麗

 

冒頭、航空写真のような、空から撮ったアングルで家に近づいていく…というシーンから始まるのですが、全部描かれてるっぽいんですよね

 

f:id:tetetenori:20180722213249j:plain

 

↑ これが全部になる感じ。

 

えっ…とこれ全部絵ですか!?ええええ〜!?!?そしてカメラワークすご!

 

そのほか、タイムリープ型のお庭とか、田舎の風景とか、とても綺麗に描かれていてそれだけで癒されます。

 

最近は背景美術に力を入れる作品が本当に多いです。とても見応えがありました。

  

ワンコのキャラがとても良い

未来ちゃんが生まれ、くんちゃんがいじけていると「それは嫉妬だよ」と教えてくれるおじさんに出会います。擬人化した飼い犬「ゆっこ」です。このキャラがいいんだまた。

 

 

 

犬がスクリーンに出たときから「やたら人間よりの顔にデザインされた犬だな」とは思ったんですが、本当に人間になるとは…笑

 

 

未来のミライちゃんに出会う前に、おじさんと化したゆっこに出会うことで「庭では何か不思議なことが起こるんだな」と観客に思わせる、一種のクッションみたいな役割を果たしたのかなと。

 

 

情報量をうまく調節しているのはさすがだな~なんて思いました。

 

くんちゃんが庭を通して家族の過去や未来と出会う

「未来のミライ」の予告編を見たとき、タイムリープしてきたミライちゃんと一緒に世界を救うんかな…って思ってました。

 

 

「手のアザが…」みたいな話が出たとき、ああこのアザからなんか出て未来を変えるんだなって思ったんですが全然違いました

 

 

 

むしろミライちゃんの出番はあまりなく、くんちゃんが様々な体験をしながら物語が進んでいきます。小さな物語がいくつも積み重なっていく感じです。

 

 

 

次は何が起こるのかな、くんちゃんはこれでどう成長するのかな、ってとてもワクワクしました。

 

 

特に、「若い頃のひいおじいちゃん」と出会うシーンはとても印象的でした!!まあバイクが出てきたってのもありますけどね!!

 

てか声優が福山雅治だったの吹きました。なんか訛ってたのすごい上手かったなあ

 

 

 

あと誰も関心がなかったと思うんですが、ひいおじいちゃんの乗ってたバイクはハンドルの先からブレーキレバーがついてて、へーって思いました。(下の画像の青いレバーみたいな感じ) 

f:id:tetetenori:20180722205322j:plain

 

 

いろんな人の過去を知ることで、くんちゃん(と観客)の家族への思いが大きくなっていくのを感じました。

 

現代の生活に対するさまざまな視点

 くんちゃんとミライちゃんを育てるのは、横浜在住の夫婦です。

 

お母さんが育休明けで仕事に出て、お父さんは自宅で日中子供の面倒を見ながらスキマ時間で建築家としての仕事をする。

 

 

すこし変わってはいますが、共働きスタイルであることは間違いないです。今時っぽいですよね。

 

 

 

こんな生活を送る中で、くんちゃんの視点だけでなく、お母さんの視点、お父さんの視点、そしてたまにお世話にくるおばあちゃんの視点から、現在の生活や家族についての思いが語られるシーンがあります。

 

 

きっと見る側も、自分がどんな立場であるかで誰に感情移入するかが変わるんじゃないかなと思いました。

 

 

まとめ:家族に会いたくなる映画だ

 

作中でもっとも印象的だった「ひいおじいちゃん」との邂逅は、実際の時間軸ではもう会えなくなっていました。

 

それを悟ったとき、なんだかとても家族に会いたくなりました

 

家族に自由に会うことができる、今の時間を大切にすべきだなって強く思いました。

 

 

「これから、うんざりするほど一緒にいるじゃん」

 

 

ミライちゃんが最後にくんちゃんに伝えるセリフです。

 

 

たしかに家族は長い時間を共に過ごしますが、そのときはこの時間がいかに尊くて大切か、わからないんですよね。

 

今度の帰省はできるだけ長く帰ろうかなと思わせてくれる映画でした。

 

 

あと未来のミライ展に行きたいです。というか絶対行きます。

 

f:id:tetetenori:20180722221119j:plain

未来のミライ展〜時を越える細田守の世界

 

それではまた〜!