飛ぶテノリ

アニメオタクの雑記ブログ

“飛ぶテノリ”

【感想ネタバレあり】ペンギン・ハイウェイ!!ペンギン可愛いってだけで観に行ったらめちゃくちゃ面白かった

スポンサーリンク

 

こんにちはテノリです

 

 

 

ペンギン・ハイウェイ観てきました!!

 

f:id:tetetenori:20180817225638j:plain

 

予告編観て「あ。ペンギンかわいい。観に行かなきゃ」ってなってワクワクしてました。

 

 

観た後の方が心揺さぶられるという…なんというトレーラー動画だ…(映画観た人は、是非もう一度トレーラー観てみてください!!!)

 

 

 

ペンギンってかわいいですよね。でもペンギンの脇の下に手を入れてバチン!!ってされると手折れるらしいですよ。っょぃ

 

 

感想書いていきます。

 

 

※ここから先は映画のネタバレを含みます。ご了承の上、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

あらすじ

 

あらすじ置いておきます(公式サイト から直接コピーできなくて音声入力で頑張りました。。。)

 

 

小学4年生のアオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録している男の子。利口な上、毎日努力を怠らず勉強するので、「きっと将来は偉い人間になるだろう」と自分でも思っている。

 

そんなアオヤマ君にとって何より興味深いのは、通っている歯科医院の"お姉さん"。気さくで胸が大きくて、自由奔放でどこかミステリアス。アオヤマ君は日々、お姉さんをめぐる研究も真面目に続けていた。

 

夏休みは翌月に控えたある日、アオヤマ君の住む郊外の街にペンギンが出現する。街の人たちが騒然とする中、海のない住宅地に突如現れ、そして消えたペンギンたちは、いったいどこから来てどこへ行ったのか……。

 

ペンギンへの謎を解くべく【ペンギン・ハイウェイ】の研究を始めたアオヤマ君は、お姉さんがふいに投げたコーラの缶がペンギンに変身するのを目撃する。ポカンとするアオヤマ君に、笑顔のお姉さんが言った。

 

 

「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」

 

ABOUT THE MOVIE|映画『ペンギン・ハイウェイ』公式サイト 

 

うんちょっと長い!!!要約すると

 

ちょっと真面目な主人公・アオヤマ君が、ペンギンとお姉さんにまつわる謎を解いていくというストーリーです。 

 

 

印象に残ったアレコレ

 

とにかくペンギンがかわいい。

 

ペンギンの動きにアホみたいに動画割いてそうでした。ペンギンへの愛がすごい。ペンギン好きもアレなら納得しそう。

 

 

f:id:tetetenori:20180817231440p:plain

 

 

お話自体もわかりやすい構成だなと思いました。

 

理系寄りの主人公アオヤマ君に共感できる部分が多かったなと思いました。私も(名目上は)理系なので。

 

 

 

ストーリーが進むにつれ、一緒に謎解きしてる感覚になってとても楽しかったです。探検というか不思議発見というか、そういう「未知との遭遇」って大人になってもワクワクするもんです。

 

 

"お姉さん"は最初ストーリーに全然関係ないただの憧れの人かと思っていたのですがまったく違いました。胸が大きいだけじゃなかった

 

 

 

ペンギン以外にもコウモリや「ジャバウォック」を生み出してしまったのは、心の持ちようってことだったんでしょうかね。

 

 

個人的には「ARMS」読んでたので「ジャバウォック」って聞いたときにうわ懐かし!ってちょっと興奮しました

 

 (ARMS面白いよ!)

 

 

 

 

そして要所でアドバイスをくれるお父さん。アオヤマ君が研究を進める上でなくてはならない存在でしたね。あんた一体何者だよ「エウレカ」ってそういう意味だったのかよ知らなかったよ!!

 

 

 

 

ストーリーの後半は、世界の真理に迫っていくのですが、重くなりすぎない、だけれども心に残る描写の仕方がとても良かったなって思います

 

 

少年は次にお姉さんと会うとき、どんな人間になっているのでしょうかね。

 

 

「一日一日学んで、昨日の自分を毎日超えていく」ってアオヤマ君のセリフ、めちゃくちゃ刺さりました。ほんまそれ。前進あるのみだわ

 

 

あとはラストシーンが…良いよね!!!!

 

 

うわぁ~~~~~~!!!!!!!ってなりました!!!!!!!

 

 

 

 

からの宇多田のエンディング「Good Night」めちゃくちゃ合ってました。

 

 

ぶっちゃけ予告編で観たとき「この絵タッチと内容だとどう考えても宇多田の曲と合ってないやろ」ってちょっと不満だったのですがもうそんなのは全部吹き飛びました。ごめんなさい。不満に思ってごめんなさい

 

Good Nightは宇多田が2018年にリリースしたアルバム「初恋」に収録されています。

 

 

絶対小説読んでから作ったんだろうなあ。宇多田最高だなあ!!!!!!ライブ行きたかったなあああああああ!!!!!!!(脱線)

 

まとめ:自分だけのペンギン・ハイウェイを作っていくそれが人生だ

 

「人生をどう生きていくか?」という大きなテーマが裏にある映画だと思いました。

 

未知との遭遇をはたしたときに、どんなアクションを取り、どんな決断をするのか。そんな問いかけもあるのかなと。

 

 

作中にもあった通り「ペンギン・ハイウェイ」は「ペンギンの作る道」です。ペンギンでさえ自分で道を切り開く。人間だって道を作っていく!!!!それが!!!!人生!!!!!

 

 

冒険して、経験して、いい人間になっていきたいなぁ!!

 

 

 

以上です。

 

読んでいただき、ありがとうございました。