飛ぶテノリ

アニメオタクの雑記ブログ

“飛ぶテノリ”

感想『フリクリ オルタナ』初見殺しもいいとこだ・・・

スポンサーリンク

 

2018年9月8日公開『フリクリ オルタナ』観てきました

 

f:id:tetetenori:20180909214821j:plain

 

 

私は前回の「フリクリ」OVAなどを一切観ていません。

 

「フリクリ」は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」などを手がける鶴巻和哉の初監督作品。貞本義行がキャラクター原案、GAINAXとProduction I.Gが制作を担当し、2000年から2001年にかけてOVA作品としてリリースされた。

劇場版「フリクリ」新PV公開、貞本義行による刺激的なキービジュアルも(動画あり) - コミックナタリー 

 

 

でもこのハル子のキービジュアルがとても刺さりまして、観に行ってみよ~~~って思った次第。

 

絵ひとつで人を劇場へ向かわせる貞本義行さんマジですげぇ。

 

 

※ここからは、映画のネタバレを含みます。ご了承の上、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

映画を見て

 

まず構成がわかってなかった。

 

約30分おきに区切りがあり、「ああ。普通の週1アニメみたいに話が進んでいくんだ」って理解するまでに2話くらい使いました。それでも150分は長い・・・

 

 

ハル子に焦点を当てたいのか、かなぶんに焦点を当てたいのか、よくわからなかった。

 

▼ハル子

f:id:tetetenori:20180909223042p:plain

 

▼かなぶん

f:id:tetetenori:20180909222931p:plain

 

 

また前作を見ていないからかもしれないが、ハル子が何と戦っているのか?がわからなかった。

 

戦闘シーンには迫力があって、うおー!ってなったけど、「一体何と戦っているのか」がモヤモヤと心の中にあったので、なかなか集中して見れなかった。

 

 

 

 

ハル子の独特の喋り方は、予告編観てたので違和感なかった。

 

しかしハル子の行動は、意味不明というよりなんかイライラすることが多かった。知り合いの彼氏奪って何が楽しいのか?なんかやることショボくないか?

 

 

日常シーンと、アクションシーンの連鎖。なんか似たような場面の繰り返し・・・

 

 

わけわかんないオブジェが次々と登場するし、うーん・・・なんか・・・よくわかんない・・・

 

 

 

 

 

 

って思っていたらいつの間にか寝ていました

 

 

なので、クライマックスはほとんど観れていない。。。

 

もったいないことした。。。

 

 

人は置いていかれると、たとえ金を払っている映画でも寝てしまうんだなあと思いました。

 

やっぱちゃんと予習していけばよかった~~~

 

 

名作から時を経て「さらなる名作」を生み出す難しさ

 

2000年(18年前!!)に公開された前作OVAは、それはもうものすごい名作だったとか。

 

 

フリクリファンもたくさんいるらしいことは、映画を2部作、一回150分にしていることから十分に伝わってくる。

 

 

でもそういう作品こそ、続編やります!!ってときになかなか上手く行かないと思う。すぐに続編作るなら別だけど、時間が経っていると前作を越えるのは難しい。

 

なぜなら名作は、時が経てば経つほど美化されるからだ。

 

もちろん、その名作自体はいつ観ても面白いんだけど。

 

 

 

「あいつにまた会えるんだ!!」って思う観客は、映画の中のキャラクターと違って歳をとっている。

 

名作を観た当時のファンと、歳をとったファンとでは、感じ方は違うだろう。本人が自覚していなくても。

 

 

時を経た続編の制作は、観客の時の流れを掴むことも大切なのかなと、そんなことを思った。

 

 

寝たけど

 

 

次回作『フリクリ プログレ』について

 

正直『プログレ』を観にいく気力はほとんどないです。。。

 

でも、この記事を読む限り、どうも『オルタナ』と『プログレ』は本当の放送順(時系列?)は違うようなんですよね。

 

 

 臨時収入でもあったら観に行こうかなぁ。

 

アドセンスとか。

 

 

いじょー!