飛ぶテノリ

アニメオタクの雑記ブログ

“飛ぶテノリ”

ウラジオストク旅行記

スポンサーリンク

 

テノリです

 

 

お休みをいただいてウラジオストクに行ってきました!

 

どこやねん!って思われる方も多いかもしれません。ロシアです。

 

 

 

 

ロシアは個人旅行での短期滞在でもビザが必要です。日本のパスポートは2018年現在ビザなしで渡航できる国が190ヶ国で世界最強ですが、実は大国ロシアがビザ必要国なんですよね。意外です

 

日本パスポート「最強」 ビザなし渡航、最下位はあの国:朝日新聞デジタル

 

 

というわけで今回は旅行記です。

 

 

 

 

 

ウラジオストクは、実は成田空港から直行便が出ています。ロシアの最東端なので、飛行時間はだいたい2時間半です。めちゃくちゃ近いやんけ!これはお手軽感さらにアップだな・・・

 

 

 

f:id:tetetenori:20181203222054j:plain


って飛行機ちっっっっっさ!!

 

 

プロペラ機とか初めて!!「これ絶対揺れるやん」って恐怖から手汗が止まらなかった・・・(絶叫系とか苦手)離陸後、わりと低い高度で飛び続けるプロペラ機。安定したら意外と揺れませんでした。

 

 

f:id:tetetenori:20181203222256j:plain

 

肉眼ではプロペラの姿をまったく捉えることができないのに、写真だとちょっと映るのが面白くて何度も撮ってしまった。笑

 

そして地球は丸い・・・ 

 

 

 

着陸のとき、横からタイヤ生えてくるのはマジでわろた

 

 

f:id:tetetenori:20181203222336j:plain

 

 

ウラジオストク観光

 

ウラジオストク空港から手配済のタクシーに乗り込み、ホテルへ。テキトーなタクシーに乗るとぼったくられるらしい。市街地に向かう途中は、鬼のような渋滞に巻き込まれました。

 

 

観光にはけっこうタクシーを使いました。タクシー配車アプリでどんどん予約してくれる現地滞在の友人がマジで最強に見えた

 

Yandex.Taxi

Yandex.Taxi

Yandex LLC無料posted withアプリーチ

 

 

タクシーに限らず日本車は多かった。しかもボロボロ!フロントガラスにヒビが入ってる車が多いのは、道の舗装がイマイチで小石が飛んできて割れるかららしい。高級車絶対買えないw

 

 

スポンサーリンク

 

 

シベリア鉄道駅

 

ウラジオストクはモスクワまでの道のり約9000キロをつなぐシベリア鉄道の始発駅である。モスクワまでは1週間かかるらしい。同じ国とは思えない距離である。

 

 

 

 

f:id:tetetenori:20181203223549j:plain

 

このな?正面でなくてな?全然違う位置と場所の写真撮るのがツウやねん。逆光なのもな?わざとやで???

 

(なお駅正面の写真はない)

 

めちゃくちゃいい天気だった

 

 

f:id:tetetenori:20181203224458j:plain

 

 

 

駅構内の天井にはロシアの栄光をたたえた絵画やミニチュアが。

 

f:id:tetetenori:20181203224104j:plain

 

 

f:id:tetetenori:20181203224511j:plain

 

 

なおホームに入ろうとしたら怒られたので入っていない。

なぜ怒られたのかは不明。

 

アルセーニエフ記念総合博物館

 

期間限定でイースターエッグが保管されていると聞き、なかば飛び入りで博物館へ。ひとり400ルーブル。

 

アルセーニエフ郷土誌博物館 クチコミガイド【フォートラベル】|Arsenev Regional Museum|ウラジオストック

 

 

f:id:tetetenori:20181203224945j:plain

 

 

結構な範囲で撮影可能だった。日本語でベラベラ喋りながら回ってたら、地元の子どもたち(上の写真で足が写ってる)に解説しながら展示物紹介してたおっちゃんに怒られたw

怒られてばっかりやな・・・笑

 

 

 

 

さすがにイースターエッグは撮影禁止だった。残念。つーかポスターくらい写真撮っとけばよかった!ミス!!シベリア鉄道のミニチュアを入れるためのもので、卵を支える鶏の騎士の彫像めちゃくちゃカッコよかった。鶏って書くと全然カッコよさ伝わらんw

 

 

入り口のゲートでぬくぬくする猫がかわいい。

 

f:id:tetetenori:20181203225100j:plain

 

 

機械の上はあったかいんだろうか?

 

ちなみに建造物に入るときはなんらかこういうゲートがあった。荷物チェックも。観光客少ないからまだ回ってるけど、多くなったら大変そうだなと思った

 

 

 

オタクの集まる店にも行ってみた

 

今や世界にオタクは点在している。

そしてここ、ウラジオにもオタクショップが!!(パンフレットに載ってた)

 

f:id:tetetenori:20181203225708j:plain

 

バクマンのロシア語版!!興奮で写真がブレている。申し訳ない。

 

 

 

f:id:tetetenori:20181203225728j:plain

 

Oshi no Shinobuのフィギュア!!!名前の区切り方よ!!!それじゃ「忍野忍」やなくて「推しの忍」だよなぁ???まぁどっちでも意味は一緒かー!!!フッフー!!!

 

 

 

店長っぽいお兄さんがニコニコして話しかけてくれたけど、まったく何を言ってるかわからなかった。お兄さんマジでゴメン。お気に入りっぽい本出してくれたのにスルーしてゴメン!!!

 

ニコニコしてくれたロシア人はわりとガチで彼だけだった気がする。

 

 

f:id:tetetenori:20181203225814j:plain

 

店の壁画もクソうまい。たぶん店長作。

 

少し入り組んだ道を入ったウラジオの壁には、いたるところに絵画(落書き?)があるのだが、どれもかなりセンスいい。なんかオシャレ。

 

f:id:tetetenori:20181203230017j:plain

 

ディープな場所にも行けてとても楽しかった。

 

 

 

夕焼けの黄金橋

 

ウラジオのメインイベントその①。

 

 

マジックアワーと呼ばれる、日が落ちてから数十分だけ体験できる暖かで美しい景色を丘の上で味わう。

 

 

f:id:tetetenori:20181203230217j:plain

 

 

写真で充分に伝わらないのが悔やまれるくらい、心が浄化されるような素晴らしい空間でした。あえて多くは語るまい。

 

 

「綺麗やね~」って言い合える友人がいたことに感謝。

 

 

バレエ鑑賞

f:id:tetetenori:20181204222450j:plain


 

ウラジオのメインイベントその②。

演目は「くるみ割り人形」

 

 

なんかもっと演劇に詳しい人が座るべき席では?ってくらい前で見ることができた。

 

南條さんのライブでもこんなに前、めったにないぞ・・・

 

 

ちなみにバレエ鑑賞自体が初でした。

 

 

 

ステージと客席のあいだに1階分低い空間があって、オーケストラが生演奏していた。すご!!

 

縦長の劇場はものすごく音響が良くて、世界観を充分に楽しむことができた。

 

 

日本人の方がメインをはってて、心の中でめちゃくちゃ応援してました。BRAVO!!って言ってる人すげーなって思った。はじめての現場は失礼のないよう地蔵に限るよね。

 

 

第一幕ではくるみ割り人形のストーリー展開に沿って、会場を広く使ったパフォーマンス、ソロパート、ギミックを用いた演出など、目まぐるしく進んでいった。

バレエっていうからには全編踊りのみの表現なのかと思ってたけど、サーカスっぽい要素もあって楽しかった。

 

 

 

第二幕ではペアダンサーが次々と出てきて個性ある踊りを見せてくれた。特にアラビアンナイト風の格好してたお姉さんの腹筋に目が釘付けになった。笑

 

おなかって鍛えると、シックスパックだけじゃなくてアバラの上にも筋肉つくんですね・・・

 

 

f:id:tetetenori:20181204222532j:plain

 

2時間ほどの公演、あっという間に終わった。

 

 

 

上着預けるタグもカッコいいデザインだった。

 

f:id:tetetenori:20181204222545j:plain

 

 

 

ウラジオストクで食べた料理

 

ここからは少しお食事の紹介をしたい。結論からいうとなんでもおいしい(こなみ

 

 

グルジア料理

 

いきなり別の国の料理を食べるという。笑

 

f:id:tetetenori:20181204222859j:plain

 

この小籠包みたいな食べ物は「ヒンカリ」という。

頭を手でつまんで皮を少しかじり、中から出てくるアツアツの肉汁をすすってから食す。つまんだところは食べない。食べてる友人もいた。笑

 

 

 

他の料理は名前覚えてないw写真でどうぞ

 

f:id:tetetenori:20181204223332j:plain

 

中央の器にはクルミ入りのホワイトソースに浸った鶏が入っていて、めちゃくちゃ美味い。

色とりどりの練り物はほうれん草とかパプリカとかナスとか。

 

f:id:tetetenori:20181204223350j:plain

 

鶏のロースト。あと写真ないけど豚もあった。

 

ロシア料理

 

f:id:tetetenori:20181204223422j:plain

 

ド定番のボルシチ!!

な・・・なんだこれは・・・うますぎる

 

数種類の香草が絶妙なバランスで入っていて無限に飲める。サワークリームを追加すれば乳感がアクセントとなり、これまた違った風味が楽しめる。めっちゃうまい。とにかくめっちゃうまい。5杯はいけた

 

 

絢瀬絵里を推していた身として、「いつかロシアでボルシチを食べたい」と思っていた。そんな想いも相まって感動は一入だった。хорошо!!

 

 

 

 

f:id:tetetenori:20181204223856j:plain

 

あとは普通にボロネーゼとか食べた。普通においしい。笑

 

 

ちなみに物価はそんな高くなかった。グルジア料理なんて4人で3500ルーブルくらい(7000円)だった。アテンドしてくれた友人のチョイスが最高だったのかもしれないけど。ほんと感謝。スパシーバ!

 

 

 

お酒はバレエ前のシャンパンしか飲んでないなそういえば・・・弱いし。参考にならなくて申し訳ない。

 

 

まとめ

 

ウラジオストクは2時間半で行けちゃうし、街が小さくて周りやすいし、歩いてるだけで北欧の雰囲気に浸れるし、ご飯はおいしいし、最高でした。

 

 

ただビザ取得とロシア語がマジでネックだなと感じました。ロシア語と韓国語は良く併記されてたけど、どっちも1ミリもわからん。笑

 

 

しかし言語の壁さえ越えれば旅はとても楽しくなるんだなと実感した。壁を越えてくれたのは友人だが。笑

海外行くと言語能力の向上に火がつくので良い。

 

 

 

文学部の友人いわく、ロシア語ができればチェコ語もできるようになるらしい。なるほどな。なるほどな!?!?

 

 

次はサンクトペテルブルクに行きたいので、ちょっとはロシア語勉強しようと思った。

 

 

 

いじょー!