飛ぶテノリ

いろんなことを書きます

“飛ぶテノリ”

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編|感想

スポンサーリンク

 

テノリです

 

2020年10月16日公開「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」初日に鑑賞してきました!

f:id:tetetenori:20201023235726j:plain

 

興行収入がすごいことになって、びっくら仰天ですね笑

www3.nhk.or.jp

 

 

作品の感想とか思ったこととか書きます。

 

※ここからは作品のネタバレを含みます。ご了承の上、ご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

完全に1期最終回の続きから始まったので時間枠をいっぱい使って作ったんだな・・・ということがわかりこの時点でテンションがあがる。復習していって良かった。

 

カメラワークや演出がもーーーめっちゃufotable!!特に戦闘はほんまにさすが。Fateの劇場版でかなり経験値もたまっているし、メリハリが効いてて迫力がすごかった。あと列車のお肉は完全に器の慎二。笑

 

 

私は原作未読なので、まさか無限列車が前座だったとは思ってなくて、後半はめちゃくちゃ前のめりになって観てた。煉獄さん・・・勝って欲しかった・・・。誰だよあの石田彰・・・。そして炭治郎のセリフに泣いた。

セリフの中に「逃げるな!ただでさえお前たちに有利な夜に戦ってるんだ!!」っていうのがあって、鬼ってほんま卑怯だなこのやろーという気分になった。でも必死で逃げる鬼にもなんか感情移入してしまった。死ぬならそりゃ逃げるわなという。お前はどっちの味方なんだよ的なダブルスタンダードになってしまうのは、鬼が人間からできていると知っているからだろうな。

 

LiSAが担当した主題歌『炎(ほむら)』めちゃくちゃ良かった。やっぱり梶浦さん作曲はも〜〜〜わかってる。最高!!!

そして作詞は梶浦さんとLiSAでやってて、歌詞にはLiSAの思いもめちゃくちゃ詰まってるんよな・・・。詳しくはLiSAのブログ見てほしい。LiSAは自分の担当するアニメ主題歌に毎回きちんと向き合ってくれる姿勢がほんまに好き。鬼滅で超有名シンガーになって10年くらい前からひそかに応援している身としてとても嬉しい!

 

ameblo.jp

 

鬼滅が社会現象になったことで、ufotableがアニメ制作会社としてひとつ壁を越えた感じがした。世間での認知度が上がるのは嬉しいけど「手の届かないところに行っちまったなあ・・・」的な寂しい気持ちもある。これまで以上に儲かってさらにクオリティ高い作品ができるならいいか〜。ufotableだっていろいろあったしね。脱税とか。笑

 

news.yahoo.co.jp

 

 

ぶっちゃけ鬼滅は盛り上がりすぎなところもあると思うけど、このコロナ禍の中、映画館に人を戻せたパワーは本物だと思う。また原作も売れてるみたいだしほんまにすごい・・・。私は意地でもアニメ待ちスタンス(原作読まない)だけど、まだ原作の8巻あたりと聞いてマジか〜とも思っている。笑

 

早く2期の発表してくれ〜!!!!!!

ダラダラ書いたけど、いじょー!